測地学会ニュース

  • 日本測地学会第126回講演会の開催について 
    日本測地学会第126回講演会は2016年10月19日〜21日(岩手県奥州市)の日程で開催されます。 詳しくは、講演会のページと開催通知をご覧下さい。
    講演申込書および講演要旨の受付締切:8月19日(金) 必着
  • 国立研究開発法人海洋研究開発機構では、平成29年度の海洋研究の実施にあたり、同機構が運航する「よこすか」、「かいれい」、「みらい」等を利用する課題を公募致します。詳細につきましては以下URLをご参照下さい。
    http://www.jamstec.go.jp/maritec/j/public_offering/application/2017/
    【募集期間】平成28年7月4日(月)〜平成28年7月22日(金)(午前10時必着)
  • 国立研究開発法人海洋研究開発機構高知コア研究所断層物性研究グループでは、研究員もしくは技術研究員1名の公募を行っております。詳細につきましては以下URLをご参照下さい。
    http://www.jamstec.go.jp/recruit/details/kochi20160608.html
    http://www.jamstec.go.jp/e/about/recruit/kochi_20160608.html
    締切は平成28年6月8日(水)です。
  • 国立研究開発法人海洋研究開発機構地震津波海域観測研究開発センター地震津波予測研究グループでは、特任技術支援職1名の公募を行っております。詳細につきましては以下URLをご参照下さい。
    http://www.jamstec.go.jp/recruit/details/ceat20160624.html
    http://www.jamstec.go.jp/e/about/recruit/ceat_20160624.html
    締切は平成28年6月24日(金)です。
  • (一財)日本建設情報総合センターでは研究助成の公募を開始しました。締切は平成28年6月30日です。
    詳しくはこちらをご覧下さい。
  • 東京大学地震研究所では、平成28年度共同利用「高エネルギー素粒子地球物理学公募研究」の公募を開始いたしました。
    詳しくはこちらをご覧下さい。
    申請の際には、下記の本所共同利用ページの様式に必要事項をご記入の上、申請してください。
     共同利用:http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/sharing/index.html
     申請先:https://www.pasreg.jp/reg/top/erikyodo/author
  • EGUでのEPS誌ブースのご案内
    EPS誌では、来週4/18-22に開催されるEGU General Assemblyにブースを出展しますので、ご案内します。場所はExhibition Entrance Hall, Yellow Level 0 (ground floor)の#45です。
    <http://egu2016.eu/egu2016_exhibition_entrance_hall.pdf>
    ブースではフライヤーや特集号広報用冊子の配布の他、アンケート(回答いただいた方にはTシャツなどのお土産付き)を企画しています。 EGUに参加される会員のみなさまにはぜひ、海外のご友人と連れ立って訪問いただけましたら幸いです。
     
    JpGUでもブース出展を予定しています。会期が近くなりましたら、詳細について改めてご案内させていただきます。
       
    EPS誌への会員の皆様の積極的な投稿をお待ちしております。特集号の提案についても歓迎します。また、EPS誌掲載の重要論文への引用に漏れが無いか、ご投稿準備中の論文原稿を改めてご確認いただけましたら幸いです。
    ・EPS誌ウェブページ
     http://www.earth-planets-space.org
     http://earth-planets-space.springeropen.com
    ・EPS誌Facebookページ
     https://www.facebook.com/earth.planets.space
  • 海上保安庁では新たな海底地形名称の提案を募集しています。詳しくはこちらをごらん下さい。
  • 東京大学地震研究所海域地殻活動観測分野では助教1名を公募致します。締切は平成28年7月14日です。詳しくはこちらをご覧下さい。
  • 国立研究開発法人海洋研究開発機構では、国際ポストドクトラル研究員5名の公募を行っております。詳細につきましては以下URLをご参照下さい。
    http://www.jamstec.go.jp/recruit/details/jinji20160525.html
    http://www.jamstec.go.jp/e/about/recruit/jinji_20160525.html
    <締切> 
    平成28年5月25日(水)必着
    <お問い合わせ先> 
    国立研究開発法人海洋研究開発機構 人事部 人事第2課
    jinji2@jamstec.go.jp
  • 産業技術総合研究所地質調査総合センターでは,テニュアトラック型研究員またはパーマネント型研究員を募集しています。10テーマで15名の募集を行っています。締め切りは5月11日です。公募課題名等はこちらをご覧ください。また,応募方法はこちらをご覧下さい。
  • 資源エネルギー庁から高レベル放射性廃棄物の最終処分に関してのイベントをお知らせします。関連HPから参加登録が可能です。
    ●地層処分フォーラム(3月20日(日)開催)
     <関連HP> http://www.chisou-sympo.jp/forum_taiwa/
    ●国際シンポジウム「いま改めて考えよう地層処分 〜世界の取り組みから学ぶ〜」(3月28日(月)開催)
     <関連HP> http://www.numo.or.jp/pr-info/pr/event/new_symposium16022909.html
  • 第9回日本ーカムチャツカーアラスカ沈み込み帯ワークショップのお知らせ
    9th Biennial Workshop on Japan-Kamchatka-Alaska Subduction Processesが開催されます.
    日時:2016/5/31〜6/3
    場所:アラスカ大学フェアバンクス校
    詳細:http://gps.alaska.edu/JKASP/
    問い合わせ先:北海道大学 高橋浩晃(hiroaki@mail.sci.hokudai.ac.jp)
  • 東京大学地震研究所高エネルギー素粒子地球物理学研究センターでは教員を募集致します。詳しくはこちらをご覧ください。締切は平成28年4月11日です。
  • 地球の正確な形と時間変化を表した国際的な位置の基準ITRF(International Terrestrial Reference Frame)が6年ぶりに更新され、最新版のITRF2014が公開されました。
    http://itrf.ensg.ign.fr/ITRF_solutions/2014/
    ITRF2014は、新たに約6年分のデータ、約90点の観測点が追加され、年周/半年周変動、地震による余効変動が推定されたことで、さらに正確な地球の形と時間変化を表現した測地基準座標系の達成が期待できます。ITRF2014では、従来のパラメータ(「観測点座標」、「速度」、「地球姿勢パラメータ(EOP)」)に加え、地震による「余効変動(PSD:Post-Seismic Deformation)モデル」が公開されました。詳細はこちらをご覧ください。
  • 「ブルーアース2016」開催について
    国立研究開発法人海洋研究開発機構は、同機構の船舶等で得られた研究成果について、研究分野の枠を越えた情報交換の場を提供することを目的として本年も「ブルーアース2016」シンポジウムを開催致します。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 経済産業省資源エネルギー庁より、高レベル放射性廃棄物の地層処分に関する「科学的有望地の要件・基準に関する地層処分技術WGにおける中間整理」について
    (1)専門家からの御意見を募集します。詳しくは公募ページをご覧ください。
    (2)中間整理についての説明会を開催します。
    日時:2月29日(月)13:30(開始予定)
    場所:経済産業省(詳細未定)
    ※出席ご希望の方は、以下のメール宛てに、1.企業・団体名、2.所属・役職、3.登録学会、4.氏名(漢字)、5.氏名(フリガナ)、6.メールアドレス、7.電話番号をご記入の上、2月19日(金)までにご登録下さい。詳細等については、ご登録いただいたメールアドレス宛に別途御連絡をさせていただきます。
    メールアドレス:chisoushobun-setsumeikai@meti.go.jp
  • 京都大学大学院理学研究科附属地球熱学研究施設では研究員を募集致します。詳しくはこちらをご覧下さい。締切は平成28年2月5日(金)です。
  • 国立研究開発法人海洋研究開発機構 地震津波海域観測研究開発センターでは以下の通りの公募を行っております。
     
    1.プレート構造研究グループでは研究員もしくは技術研究員1名の公募を行っております。詳細につきましては以下URLをご確認下さい。
    http://www.jamstec.go.jp/recruit/details/ceat20160209.html
    http://www.jamstec.go.jp/e/about/recruit/ceat_20160209.html
    <締切> 平成28年2月9日(火)必着
      
    2.地震発生帯モニタリング研究グループでは研究員もしくは技術研究員1名の公募を行っております。詳細につきましては以下URLをご確認下さい。
    http://www.jamstec.go.jp/recruit/details/ceat20160209_2.html
    http://www.jamstec.go.jp/e/about/recruit/ceat_20160209_2.html
    <締切> 平成28年2月9日(火)必着
      
    <お問い合わせ先> 国立研究開発法人海洋研究開発機構 
    人事部人事第2課
    jinji2@jamstec.go.jp
  • 第24回坪井賞及び第16回坪井賞(団体賞)の受賞候補者の推薦について
    第24回坪井賞及び第16回坪井賞(団体賞)の受賞候補者の推薦を受け付け中です。推薦締め切り日を2016年2月26日(金)に設定しましたので、お知らせします。 詳しくはこちらをご覧ください。また、推薦方法はこちらをご覧ください。
  • 測地学テキスト(web版)が新しくなりました.こちらまたは左のメニューからアクセスして下さい.
  • 測地学会事務局の移転(平成27年3月30日から)
    日本測地学会の事務局が平成27年3月30日から移転いたします。 移転に伴い、以下の住所に変更となりますのでご注意ください。
    (旧住所)0002 東京都文京区小石川1-3-4 測量会館
    (新住所)〒113-0001 東京都文京区白山1丁目33番18号 白山NTビル
    電話番号、FAX、電子メールアドレスに変更はありません。 なお、学会の郵便局の口座は4月〜5月末まで使用できなくなります。 会費・学会誌代金をお支払いの際は銀行口座をご使用ください。
  • 国立情報学研究所のページをお借りしていた、かつての日本測地学会のホームページ(wwwsoc.nii.ac.jp/geod-soc/)を閉鎖しました。長い間、無料で利用させていただいた国立情報学研究所にお礼を申し上げます。

過去のニュース